好みに合った振袖で思い出をつくる【大人女子の記念日】

着物

早めに予約をする

案内

振袖をレンタル利用する際、気をつけなければならない点に早めの予約が挙げられます。レンタル利用者が多い場合、好みに合った振袖が先に予約されてしまい利用出来ない可能性もあるので予め注意しましょう。

詳しく読む

好きな方法を選択する

笑顔

成人式用振袖の入手方法は

成人式において女性の晴れ着といえば、振袖です。 今回は振袖の準備について書いていきます。 振袖を準備するにあたり、まず考えなければいけないのは、 振袖を「レンタル」するか、「購入」するかです。 レンタルの場合も購入の場合も、それぞれにメリットとデメリットがあります。 レンタルの場合のメリットは、圧倒的な価格の安さです。 レンタルの相場が3〜5万円ほどなのに対し、 購入の相場は15〜20万円ほどです。 高価なものですと、何百万円もするものもあり、価格の安さという点ではレンタルのほうに利があります。 反対に購入の場合のメリットは、何度も着回しができるという点です。 レンタルの場合は、その都度借りる必要がありますが、 購入すると痛まない限り、何度でも着回しができます。 また、妹やいとこがいる場合は、おさがりとして譲ることができます。 成人式以外にも何度も振袖を着る機会がある場合は、購入するほうが利があります。 以上が主なメリット・デメリットです。 こういった点を考慮して、レンタルか購入かを決めます。

レンタルする場合の流れ

購入の場合は特に複雑な点はありませんが、レンタルの場合は注文時期を間違えると在庫が全くないということがあります。 レンタルの注文時期として、推奨されているのは、2〜4月頃です。 お子さまが19歳(もしくは18歳)の年の成人式が終わってすぐがベスト時期です。 それよりも前になると、その年の成人式参加者が借りており、在庫がほとんどありません。 また、4月以降になると、人気のある柄のものなどはすでに借りられていることが多くあります。 そのため、成人式終了後すぐが、最も推奨される時期です。 レンタルの際に注意すべき点は、 ・鞄、履物、かんざしといった小物類は付属するのか ・メイク、写真撮影は込みであるか ・着付けはしてもらえるのか ・いつ頃受け取り可能か という点です。 業者の中には、当日〜時以降でなければ受取り不可という場合もあります。 これらの確認を怠ったせいで、成人式に遅刻したというケースもあります。 一生に一度の晴れ舞台です。万全の体制で準備をし、悔いのない成人式にしましょう。

試着して探す

着物

最近は振袖レンタルを行なっている業者がたくさん存在するので、全国でレンタルを利用することが可能です。また、実際に店舗で試着をすることが出来る場合もあるので試着をしてから選ぶと失敗を避けることが出来ます。

詳しく読む

レンタル内容

着物

一生に一度の事と言えるのには成人式があります。この日だけは振袖を着る女性がほとんどでしょう。これ購入となると高い金額となってしまうため人はレンタルをされるのです。

詳しく読む