好みに合った振袖で思い出をつくる【大人女子の記念日】

女性

レンタル内容

着物

成人式用振袖をレンタルする際の相場

大人の仲間入りをする第一歩である成人式には、女性であるならば未婚の第一礼装である振袖で出席したい。日常着としての着物離れが進む一方で、振袖への需要は昔から変わらず依然として高いままです。 しかしながら振袖は誂えようとするとかなりの金額になります。多くの場合、成人式の後では結婚式くらいしか着る機会がないというのが現状ですから、一度きりの儀式の為に高いお金を払うことを非経済的だと見る人も多くなっています。 そこで昨今では成人式の振袖をレンタルでお得に済ませようという家庭が増えています。価格は着物によってかなりの差がありますが、ポリエステル素材であれば3万円前後からで、正絹であっても安いもので5万円前後から高くても20万円以内というのが相場になっています。振袖だけでなく帯や襦袢、草履、着付け小物など身の回りの一切合財を含めてトータルでレンタルが可能なので着物を着なれていない人には非常に助かるセットになっています。

これまでの移り変わりと最近のトレンド

成人式の振袖は、以前は家庭で着物を特別に誂えるのが主流でした。着物の中でも振袖は礼装であり晴れ着ですからあでやかで手の込んだ作りであるのが基本で、帯を含めて全てを揃えるとなるとかなりの金額になります。着物離れが進む現在では振袖を誂えるのは金銭的に余裕がないと難しく、ましてやその後の着用頻度の低さを考えてもレンタルで済ませる方が経済的にも合理的だとする風潮になっています。 これまでレンタルの着物は既製品の中から自分の体に合ったサイズを探し、気に入った柄を選ぶというのが一般的でしたが、最近では好きな反物の柄を選び、レンタル品でありながらも自分の寸法に合わせて誂えてもらうという「オーダーレンタル」という仕組みが出てきています。着物は従来より基本的にフルオーダーで着る人のサイズに合わせて仕立てられるものなので、従来のレンタル品の場合は体に上手くフィットしなかったり慣れない人の場合は着崩れの原因にもなりました。オーダーレンタルは、余りお金はかけられないけれども人とは違う柄で自分に合ったものを選びたいという若い女性のニーズを上手く捉えた形になります。またインターネットの普及に合わせて、レンタル品一式を宅配で届けてもらうという仕組みも出てきており、こちらは価格も低めに設定されています。